施工の流れを知る|玄関ドアリフォームで住みやすい家にしましょう!価格も要チェック|コーティングでつるぴか!

フロアコーティングの流れを理解しておきましょう

施工の流れを知る

床

施工する前のチェック

横浜の業者によってチェックする内容に違いがありますが、基本的にはフロアの凹凸や傷などをチェックしておきます。もし凹凸があれば、その修復から始めることもありますし、依頼者の意思を確認してそのまま施工に入る場合もあるようです。

作業する前の準備

すぐにフロアコーティングをしてしまうと、コーティング剤が飛び散って汚れてしまいます。まずはビニールやテープなどを貼って、コーティング剤が飛び散らないように対策をします。それが終わったらコーティング作業に入ります。

フロアコーティングを始める

準備が終わったらフロアコーティングを開始します。フローリングに合わせて最適な塗り方をして、作業を終わらせてくれるでしょう。フロア全てのコーティングが終わったら、先程貼ったテープなどを剥がしたりして作業完了です。

施工が終わったら念入りに確認する

フロアコーティングが終わったら、コーティングに問題がないか確認しましょう。業者によってはコーティングが隅々まで行き届いていない場合があります。業者が帰った後に気づいても、やり直してくれないときもあるので、注意したほうがいいです。

新築時にフロアコーティングをするとお得

フローリングに傷が入ってしまうと、フロアコーティングの仕上がりが悪くなってしまうので、なるべく新築時にフロアコーティングをしたほうが良いでしょう。フローリングの補修をする場合は、料金が高くなるので注意したほうがいいです。